3Dプリンターで簡単に立体の物造りができる時代

保守サービスの活用

インク

全て一任可能

東芝の複合機を使った印刷頻度が高い職場で活用するメリットが大きいのが保守サービスです。トナー切れがどうしても頻繁に起こってしまうことは避けられませんが、東芝から提供されている複合機について保守サービスを申し込んでおけばその心配がなくなります。常に新しい純正のトナーを一組ストックさせておいてくれることに加えて、必要があれば交換作業も申し出ることが可能です。保守サービスなので定期点検も行ってくれて、劣化が進んでいる部分や故障があった箇所については無償で修理を行ってもらうこともできます。保守サービスに申し込んでおくことでトナー切れについて心配する必要もなく、複合機の運用を安定して行えるのが特徴です。

コストよりも効率重視

東芝で提供されているビジネスソリューションの一つが保守サービスであり、印刷頻度が高くて故障によって事業に大きな支障が生じるというときによく活用されています。トナー切れが多い現場では消耗品費がどうしても高くなりがちですが、保守サービス内に消耗品費が含まれているため費用対効果の高いサービスになるのも魅力的と言えるでしょう。東芝では総合的な保守サービスだけでなく、オーダーメイドのサービス提供も行っているため必要に応じて相談すれば適切な形で契約を結ぶことが可能です。効率を重視して複合機の運用をしたいというときに優れた方法であり、事業効率も考えたトータルコストで考えて選ばれているのが保守サービスなのです。