3Dプリンターで簡単に立体の物造りができる時代

電話代を安くする方法

電話

デジタル信号による通話

携帯電話の普及により、最近は固定電話回線を持たずに生活する人も増えています。ただ、携帯電話に比べると通話料が安いことから、電話をかける機会が多いオフィスなどでは引き続き固定電話の利用が盛んです。そんな中、固定電話よりもさらに低料金で利用できるとして人気を集めている電話サービスがあります。それがIPフォンです。IPフォンのIPとはインターネット・プロトコル(Internet Protocol)の略です。つまりIPフォンは、インターネットでテキストや画像を送受信すると同じ技術で、デジタル化した音声信号をやり取りできるサービスなのです。IPフォンは、光ファイバーなどのブロードバンド回線を提供しているインターネットプロバイダが提供しています。また、ケーブルテレビ事業者が提供しているケースもあります。

モバイルタイプも有り

IPフォンは通信コストが低額で済むことから、通話料金が固定電話より割安であるのが特徴となっています。また、インターネットが日本中どの場所からどのサイトに接続しても通信料金が変わらないのと同様、相手先との距離に関係なく通話料金は一定です。そのため、長距離電話を利用する機会の多い家やオフィスの電話代の節減効果は高くなります。さらに最近は、モバイルIPフォンというサービスも登場しています。これはスマートフォン専用の通話アプリで、インストールすることによってやはり本来の携帯通話料金よりも低額で通話ができるというものです。さまざまなアプリ開発事業者が提供しており、050という独自の市外局番を利用するのが特徴になっています。