3Dプリンターで簡単に立体の物造りができる時代

会員カードをその場で製作

カードプリンタは、各種メンバーズカードの主流になっているプラスチックカードの印刷ができるプリンタです。店頭などに置いておけば入会手続きと同時にカードの発行が可能になります。外部に委託するよりも迅速で、製作コストも割安です。

電話代を安くする方法

IPフォンは、インターネットの通信方法と同じ原理で音声のやり取りができる電話サービスです。一般の電話機を使う固定タイプとスマートフォンにアプリをインストールして使うモバイルタイプがあり、いずれも通常の電話より割安な通話料金で利用できます。

保守サービスの活用

東芝の複合機を頻繁に利用している現場では保守サービスがよく利用されています。トナー切れに速やかに対応できることに加えて、故障時などへの対応や定期点検も実施されるため、複合機が使えないことが事業に大きな支障が出るケースで特に頻用されているサービスです。

物体を作れるプリンター

3Dプロッタ

3Dプリンターというものが最近話題になっています。これは、平面ではなく、3Dデータを使用し、立体のものを出力する機械です。つまり、平面の図ではなく、物体が出てくるのです。これは、一部の企業が採用しています。昔は、製品の試作品などを作るときなどに、まず金型を用意し、それに人の手で材料を流し込まないといけないので、非常に時間がかかり、試作品であってもそう気軽には作れませんでした。しかし、3Dプリンターの登場で、イメージを直接形にできるようになりました。試作品や、模型の製作をする一部の企業がすでに導入しています。この3Dプリンターの仕組みは実にシンプルで、樹脂などを一層一層積み上げていく方式のものが一般的です。

一口に3Dプリンターと言っても、それはいくつかの種類に分けることができます。3Dプリンターは、高性能モデル、中性能モデル、デスクトップモデルという分け方をされることが多いです。デスクトップモデルは、比較的気軽に導入できるようになっているものです。価格は8万円から30万円ぐらいです。ABS樹脂などの素材を使え、個人や小規模の事務所がターゲットです。中性能モデルは、デスクトップモデルよりも精密なものが作れます。価格は100万円を超えるものがほとんどです。一部の熱可塑性樹脂などが使え、中規模の製造工場などがターゲットとなっています。高性能モデルは、大企業が使うとても高性能なモデルです。価格は1000万円を超えます。樹脂に加え金属などが使えます。